« Huluコンテンツが発表した文章

日テレ系ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』のオリジナルストーリーをHuluで配信決定!!


日本テレビ系土曜ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』Huluだけのオリジナルストーリー
ムロツヨシ主演『ラーメン小池の鬼の取調室』(仮)

■ムロツヨシ演じる“小池刑事”が左江内氏から手柄だけでなく、主役の座まで奪う!

日本テレビ系で放送中の堤真一主演ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』(毎週土曜よる9:00~9:54)は、藤子・F・不二雄の隠れた名作を、今引っ張りだこの人気演出家・福田雄一の脚本・監督で実写化!堤演じる普通の中年サラリーマン左江内がある日突然スーパーヒーローに任命され、世界を救う羽目になる…という傑作コメディ。小泉今日子演じる鬼嫁の円子に叱られながらも、地球平和と家庭平和の間で、毎話奮闘する左江内の活躍から目が離せません!

本作に登場するのは、ムロツヨシ演じる小池郁男刑事。なんと今回、彼が主人公のオリジナルストーリーを3月18日(土)の地上波最終回放送後より、Huluにて配信されることが決定しました。ドラマ本編では、左江内の活躍をちゃっかり全て自分の手柄にしている小池刑事。果たしてHuluでは、どんなストーリーになるのか…期待が高まります!しかし、まだその全貌は明かされていない―――! ムロツヨシの運命やいかに!?

ムロツヨシ主演Huluのオリジナルストーリーも、脚本・監督は福田雄一! 『スーパーサラリーマン左江内氏』でも名コンビの刑事バディーとして登場する小池郁男(ムロツヨシ)と刈野助造(中村倫也)の大活躍を描きます。事件は取調室で起きている!? 一体どんな内容になるのか…。ただいま絶賛、福田監督が脚本を執筆中との噂。新たな福田ワールドの誕生を、是非お見逃しなく!

■ムロツヨシ (小池郁男 役) コメント
ドラマの中でしっかりふざけることを指令されておりましたので、しっかり遂行していたところ、オリジナルストーリーという新たな指令を出されました。ふざけきったところでしたので油断していましたが、その油断ももって、中村倫也とお遊びHuluして、ダンスHuluして、Hulu芝居みせたいと思います。ただ、台本がまだきていません(笑)。

 

★Huluにて、3月18日(土)『スーパーサラリーマン左江内氏』最終回放送終了後より配信開始!(全3話)

 

日テレ系ドラマ『東京タラレバ娘』のHulu連動オリジナルドラマを配信決定!!


■佐藤仁美&小沢真珠&小林きな子がアラフォー独身女子3人組に扮しディープな赤裸々トークを夜な夜な展開!

日本テレビ系で放送中の吉高由里子主演ドラマ『東京タラレバ娘』(毎週水曜 午後10:00~11:00)。累計発行部数330万部を突破した東村アキコ氏の人気マンガを実写化した本作は、女子のリアルがグサグサ刺さりまくるラブコメディー。

吉高と榮倉奈々、大島優子が「~だっ“たら”」「~してい“れば”」という会話を繰り返すうちに、仕事も恋愛も行き詰まってしまったアラサー女子3人組に扮し、厳しい現実にもがく姿を痛快に演じていますが、そんな“世の女性の共感度100%ドラマ”のHulu連動オリジナルドラマ『東京ダラダラ娘』が2月22日(水)より、Huluにて配信されることが決定しました!

本企画には『東京タラレバ娘』の一世代上にあたる佐藤仁美(37)、小沢真珠(40)、小林きな子(39)が集結。独身をこじらせたアラフォー女子3人組に扮し、ショート・コメディードラマを展開します。だらだら呑んだくれながら繰り広げる会話の中に投影される“よりディープな独身こじらせ女子の世界”――彼女たちのあけすけな会話が、タラレバ娘世代よりもっと独身をこじらせた世代のハートをガッチリつかみます!

『東京ダラダラ娘』の主役はフリーライター・蘭子(佐藤仁美)、美容師・早織(小沢真珠)、居酒屋の女将・小梅(小林きな子)。揃いも揃って独身・彼氏ナシ、恋の痛みよりむしろ体の痛みを感じる機会の方が増えている(!?)アラフォー女子3人組です。「たら」「れば」なんて何となく未来に夢を馳せる時期も通り越しつつある彼女たちの日課は、東京下町の酒処「呑んだくれ」でダラダラと女子会を開くこと。酸いも甘いもかみ分けたアラフォー&独身女子ならではのリアルな悩みをグダグダとぶちまけます。

ゆるくて笑える会話の中に、隙あらばビシバシと直球で食い込んでくる名言や迷言――。彼女たちと同世代の女子の共感を呼ぶのはもちろん、タラレバ娘世代や世の男子も勉強になること間違いなし!酒のつまみに、話のネタにうってつけの赤裸々ショートドラマ『東京ダラダラ娘』をぜひお見逃しなく!

≪佐藤仁美 (蘭子 役) コメント≫
-作品の見どころは?
ぜんぜんダラダラしてないところです(笑) 女子会というか井戸端会議みないになってるところも見どころですね。ちょこちょこ本気の切なさが入ってるところも良いですよ(笑) タラレバ娘も「確かに~」はあるんですけど、アラフォーなりの「確かに~」があります。それから結婚ってワードがちょっと重く感じるっていう(笑)

-女子会は普段されますか?
オカマ会をしています。オカマと一緒に呑んでガールズトークをします。女子同士で集まっても、みんなアラフォーなので、きゃぴきゃぴ感はないですね。ずっと呑んでずっとカラオケを歌うっていう。どこへ行ってもスナックになるし、恋愛の話は一切ナシで愚痴だけです。愚痴を言わなくなったらブスになるねって(笑)

-注目ポイントは?
みんなタラレバ娘にそっくりです! ただ、本家の3人には謝っておきたいな(笑) 3人のファンの方々に、先にすみませんでしたと謝っておきます。

≪小沢真珠 (早織 役) コメント≫
-作品の見どころは?
アラサーとは違うアラフォーの諦めかけた感がセリフにも出ていて、やっていても気持ちが良いというか、振り切れるというか、アラフォー独特の開放感が見どころです。本を読んだときにすごく面白くて、言ったら気持ちが良いだろうなというセリフがいっぱいあったので、見ている方にもそういう風に思っていただけたらなと思いました。

-女子会は普段されますか?
プライベートでも、同世代が集まると似たような感じになってますね。女子が集まると自然にこういう感じにはなります。

-注目ポイントは?
第1話のまぶしい仁美さんを見てほしいです。「宝くじ高額当選者」みたいな時があるんですよ(笑) あんな表情なかなかできないです(笑)

≪小林きな子 (小梅 役) コメント≫
-作品の見どころは?
タラレバ娘は、「~たら」とか「~れば」とか、まだ可能性があるから未練のような言葉を口にしますけど、アラフォーになると「~たら」も「~れば」も言わないっていうところが、これがアラフォーなのかなっていう気がしましたね。かと言ってダラダラもしてないんですけど、むしろタラレバの皆さんよりもすごい勢いがあるじゃないですか(笑) アラフォーになったら、力の配分が変わってくるんです。男性に向かうエネルギーはあんまりないから、女子が集まったときのエネルギーがすごいんだなって、セリフを読みながら情報量の多さにぜんぜんダラダラしてないって思いましたね(笑)

-女子会は普段されますか?
30代の時より40代になると、だんだん不満が多くなってくるんだと思います。女子会をすると、各自不満を持ち寄って披露し合うんです。それぞれの不満をぶつけあって、自分の言いたいことを短時間で発散して帰るっていう感じなので、親身になって「う~ん」って共感してるかというとそれは微妙だったり(笑)

-注目ポイントは?
仁美さんです(笑) キラキラした顔に注目して見てほしいですね。

 

★Huluにて2月22日(水)『東京タラレバ娘』放送終了後より毎週水曜配信!(全5話)