ウルトラマンがパワーアップして帰ってきた!本日よりウルトラマンシリーズがHuluにて配信開始

Huluは、株式会社 円谷プロダクションとのコンテンツ・パートナーシップを通じて、2014年12月17日(水)よりウルトラマンシリーズを配信開始いたします。
2012年9月にウルトラマンシリーズを配信開始したHuluでは、今回Hulu初配信となる15タイトルを追加。テレビシリーズ、映画合わせて計24作品の大ボリュームにより満を持して再スタートをきります。

このたびHuluで順次配信開始になるのは、1966年に放送が開始されたウルトラマンシリーズ第一弾「ウルトラQ」から、2013年に放送された「ウルトラマンギンガ」まで、Hulu初登場の7作品を含むテレビシリーズ計15作品、さらに「ウルトラマンZOFFY(1984年劇場公開)」や「ウルトラマンサーガ(2012年劇場公開)」を含む映画9作品です。

配信作品一覧(★印はHulu初配信作品・作品によって配信開始日が異なります):
<テレビシリーズ>
ウルトラQ(1966)★
ウルトラマン(1966)
ウルトラセブン(1967)
帰ってきたウルトラマン(1971)
ウルトラマンA(エース)(1972)
ウルトラマンタロウ(1973)★
ウルトラマンレオ(1974)★
ウルトラマン80(エイティ)(1980)★
ウルトラマンガイア(1998)
ウルトラマンコスモス(2001)
ウルトラマンネクサス(2004)
ウルトラマンマックス(2005)
ウルトラマンメビウス(2006)★
ネオ・ウルトラQ(2013)★
ウルトラマンギンガ(2013)★

<映画>
ウルトラマンZOFFY (1984)★
ウルトラマン物語(ストーリー)(1984)★
ウルトラマンゼアス (1996)★
ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影(1997)★
ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち(1998)★
劇場版 ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT (2001)★
劇場版 ウルトラマンコスモス2 THE BLUE PLANET (2002)★
ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国(2010)★
ウルトラマンサーガ (2012)

映画界のレジェンド 淀川長治さんが蘇る! 生前の生声とCGで完全再現 Hulu 新TV-CM、12月16日よりオンエア開始

Huluは2014年12月16日(火)より新TV-CM「淀川長治」シリーズを順次オンエア開始いたします。

新TV-CMに登場するのは映画界のレジェンドであり、多くの人々に愛された映画評論家の淀川長治(よどがわ ながはる)さん。Huluは本年夏に発表したとおり映画のラインアップを強化し、サービスの充実を図ってきました。12月12日(金)からは、NBCユニバーサルの名作映画の配信を新たに開始いたしました。

映画を愛し、多くの作品について語ってこられた淀川さんが、HuluのTV-CMのためにCGで完全復活。今回のTV-CMではHuluで配信中および今後配信予定の映画についてご紹介いただきました。淀川さんの表情や動作の特徴をとらえたほか、特殊技術を用いて生前の肉声を加工し、声も完全再現しました。淀川さんご本人の肉声を使用し、現代にその語りを復活することへの敬意や有り難さを最大限に表現するために、約420分もの膨大な映画解説音声データから、言葉をつなぎあわせ、現代にその語りの復活を実現させています。映画解説の視点や、淀川さんが解説する際によく使われる言葉や言い回しの特徴など、”淀川さんらしさ”を徹底的に追及し、再現しました。

今回制作したTV-CMは「淀川長治 登場篇」「淀川長治 ミュージカル篇」「淀川長治 家族団らん篇」「淀川長治 CG篇」「淀川長治 バック・トゥ・ザ・フューチャー篇」の5バージョン。どのTV-CMにも名作映画が登場しており、「E.T.」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ジュラシック・パーク」「エクスペンダブルズ2」「マンマ・ミーア!」「怪盗グルーの月泥棒」「バトルシップ」などのワンシーンとともに、淀川長治さんのコメントをお楽しみいただけます。

映画ってこんなにも素晴らしいものなんだ!と改めて感じさせられる今回のTV-CM。この冬はHuluで思う存分映画をお楽しみください。

<TV-CM概要>
TV-CM名: 「淀川長治 登場篇」「淀川長治 ミュージカル篇」「淀川長治 家族団らん篇」
「淀川長治 CG篇」「淀川長治 バック・トゥ・ザ・フューチャー篇」
放送日: 2014年12月16日(火)〜 
※「淀川長治 CG篇」は2014年12月25日(木)から、「淀川長治 バック・トゥ・ザ・フューチャー篇」は2015年1月1日(木)から放送開始予定
放送エリア: 関東、関西、名古屋、福岡、北海道、宮城、静岡、広島、青森、岩手、秋田、山形、福島、
新潟、長野、山梨、富山、石川、福井、鳥取、島根、山口、岡山、香川、徳島、愛媛、高知、
長崎、熊本、鹿児島

スタッフ一覧:
エグゼクティブクリエイティブディレクター/チーフPRプランナー: 井口 理 (電通PR)
PRプランナー: 根本 陽平 (電通PR)
クリエイティブディレクター:  HaruHaru (ニーシーズ) 
CMプランナー/コピーライター: 佐藤 雄介 (電通)、長久 允 (電通)
アートディレクター:  川腰 和徳 (電通)
ディレクター: 長久 允 (電通)、佐藤 雄介 (電通)、川腰 和徳 (電通)
エグゼクティブプロデューサー: 丹生 和朋 (ニーシーズ) 
プロデューサー:  横山治己(ROBOT)
プロダクションマネージャー:  中村光孝(ROBOT)

<TV-CM映像は下記よりご覧いただけます>
淀川長治 登場篇
淀川長治 ミュージカル篇
淀川長治 家族団らん篇

※「淀川長治 CG篇」「淀川長治 バック・トゥ・ザ・フューチャー篇」については後日オンエア開始のため、今後改めて公開いたします。

<淀川長治さんについて>
1998年、89歳でこの世を去った淀川長治さん。その独特の語り口や映画評論、そして代名詞ともいえる締めの名セリフ「それではみなさん、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」は映画ファンであれば誰しもの脳裏に刻まれているのではないでしょうか。淀川さんの映画解説のモットーは、「全ての映画には良いところがある」で、亡くなられる前日までもスタジオで解説収録をされていたと言われており、日本を代表する映画評論家として唯一無二の存在といえます。

※今回のTV-CMに登場する映画は全作品、Huluにて配信中または近日配信開始予定。